YOKABAI Maching Companies

Blog

アーカイブ

2020.08.04

営業代行を利用する必然的理由

株式会社YOKABAIの田中(27)です。

最近お休みの日に株式投資を勉強しています。

その為、景気指標の読み方が少し出来るようになりました。

最近、景気回復は18年10月までだったという発表がありましたね。

これを受けて西村大臣は

2018年10月以降も
・GDPは過去最高を更新
・雇用者数・雇用者所得が増加

とコメントしました。

アベノミクス相場は2018年10月が山で終了していたという事実がまずいのか、

雇用関連の指標をもってきて景気は回復していた、と言いたいようです。

恐らく、雇用統計が遅行指数ということを、理解していません。

※遅行指標:景気の動きを後追いするもの
雇用関連指標(雇用者数や雇用者所得もこれに含まれる)は遅行指標です。

つまり

雇用者数や雇用者所得の数字が良いから景気が回復していた事にはならないと言う事です。

景気は、回復していないどころか今後益々、衰退していく一方です。

原資がなくなれば会社は存在意義を失います。原資が無くなるのを黙って見ていますか。

倒産した会社は社会的存在意義が無かったのでしょうか?

いいえ、それは違います。

私たちが「知らなかった」だけなのです。知ってさえいれば利用したかもしれない。

認知度を上げるためにも、営業を強化する必要があります。

今手元にある原資を全て投げてでも売上を確保する必要があるのです。

売上を上げるためには、お客様を見つける他ありません。

これが、営業代行を利用する必然的理由です。

営業代行は株式会社YOKABAIへ是非一度ご相談ください!

株式会社YOKABAI(株式会社よかばい)

お問い合わせはお電話で→092-406-4729

LIST

PAGE TOP